遠隔を試したら、意識していないのに副鼻腔炎と白内障に見事効果がありました!

● 遠隔を試したら、意識していないのに副鼻腔炎と白内障に見事効果がありました!

こんにちは。ヒーリングの満足度を120%に上げる講師:池口公治です。

東京ヒーリングセミナーに参加された、ふだんは訪問看護をされているSさん。

実はSさんは、東京セミナー後にスカイプで遠隔ヒーリングも学ばれたのですが、

Sさんから、驚愕のメッセージをいただきました・・・

先日は遠隔セミナーありがとうございました。

基本を押さえつつ、色々臨機応変に試してみようと思っています。

習って早速、田舎の母に遠隔を試してみました。

老化に伴う骨盤腔内の臓器下垂、疲れると膀胱炎が出てしまう、副鼻腔炎など、歳をとるごとに気になる箇所が増えてきていたので、

とりあえず、基本の胃上げ、仙骨・骨盤、頸椎・脊柱 に加えて、内臓、頬骨もやってみました。

やっている間、私の手はビリビリしていました。

そして、見事効果があったようです!

鼻もかまずに過ごせている、白内障の始まりで目が霞んできていたのが見えやすくなった、子宮脱が少しよくなったみたい…など、

遠隔で意識していなかった症状まで効果があったようです。

一つを整えると全身に影響があるんでしょうね。

しばらく定期的にやってみようと思っています。

~講師より~

ご本人いわく、鼻や目には特にヒーリングしていないんですね。

あくまで、ぼくが指導した通り、全体を整えることに意識を集中させています。

結果、遠隔で意識していなかった症状まで効果があった様です。

症状や痛みを追うのではなく、「全体を整える」ということが、ヒーリングの大きなポイントだと思いますね^^

鼻や目に症状が出ていても、原因は鼻や目にあるわけではなく、多くの場合、他のところに原因があります。

ちなみに鼻の症状は首や肺やほお骨に、目の症状は後頭骨に原因があることが多いですね。

Sさんが医療やリハビリの常識になればと願っている方法は、ヒーリングセミナーで学べます。

あなたもぜひ、医療やリハビリの常識を超えてみてくださいね。

ぼくが応援させていただきます^^